運動後

なぜ匂いがきついチーズがあるの?

チーズの中には強烈なにおいを持つものがあります。
その理由は、一言で言えば、発酵させているからです。
納豆と同じ発酵食品です。
発酵した成分が強烈なにおいのもととなります。

チーズの種類別に見れば、ウォッシュタイプと呼ばれるチーズが一番においのきついものでしょう。
このタイプのチーズの代表例にはリヴァロ、エポワースが挙げられます。
ウォッシュチーズの製造方法は、チーズの表面の菌を利用して熟成を進め、その菌類が放つにおいを消すためにワインや塩水等で表面を数日ごとに繰り返し洗う、というものです。
洗うためのワインや塩水は製造する土地によって異なりますが、熟成過程でのにおいを消し切ることができない点はこのタイプに共通した特徴です。
ウォッシュタイプのチーズの味は、においからは想像できないくらいにマイルドで、原料の山羊等に食べさせたものによっても味が変わるため、季節によっても楽しみ方が変わるチーズです。

他にも、カビを使ったチーズも強いにおいがあると思われます。
しかしながら、強いにおいだからといってチーズ自体が腐っているともかぎりません。
強い酸味等を感じなければ腐っているということはないので、納豆と同じ発酵食品ということを頭に入れておいしく召し上がってください。