運動後

輸入チーズは代金に税金が多く含まれているって本当?

チーズには25%を超える関税がかかっております。
この関税が市販のチーズの価格を上げている原因になっています。
この高い関税率は、日本国内の乳製品産業の保護のためにかけられていますが、チーズの場合にはそれ以外の事情も関わってきます。

通常、海外製品の輸入においては、船と飛行機の両方の輸入手段が取られています。
しかしながら、チーズの種類によっては船では日本に到着する前に熟成しきってしまったり、最悪の場合腐ってしまったりするものもあります。
そのため、飛行機を使って輸入することが現実的ですが、飛行機の場合には燃油代等の追加費用がかかってしまいます。
その結果、チーズの関税には飛行機等の輸送代や、輸入の際に検査する分の費用、保険代等も含まれることになり、どんどん高い税金がかかるようになります。

TPPでの関税撤廃においても、チーズへの関税は維持する方針であることは変わらず、もしチーズの関税がなくせなければ、基本的にはチーズの価格は高いままであることが予想されます。
しかしながら、回りを海で囲まれている日本にとって、多少の税金がチーズの販売価格に含まれてしまうことは避けられないことだと考えるしかありません。